VPNとは?詳しい使用方法を解説!

VPNサービスの利用はますます一般的になっています。VPNを使用すると多くの利点が得られます。これにはいくつかの理由があります。まず、VPNを使用するとトラフィックが暗号化され、プライバシーをオンラインで保護できます。これは、インターネット上のプライバシーとプライバシーを外部の脅威から守るときに役立ちます。

VPNを使用するもう1つの理由は、ブロックされたコンテンツを表示させることができる点です。ほとんどの場合、ストリーミングサービスの動画コンテンツを視聴する際に役立ちます。たとえば、現時点では海外から日本の番組を見ることはできませんが、VPNを使用すると、ジオブロックを回避して、海外からAbemaTVなどの日本のコンテンツを見ることができます。さらに、 VPNを使うと、日本や海外から幅広いコンテンツを選択できる日本版Netflixのブロックを解除することもできます。

多くの人がVPNを使用するもう1つの理由は、ハッカーなどから自分自身を守るという点です。また、VPNを使用して政府の監視を回避し、厳しく規制された国などでウェブサイトの検閲をすることもできます。たとえば、中国にいる場合、VPNを使用するとFacebook、Twitter、Wikipedia、および同様のウェブサイトにアクセスできるようになります。この記事では、VPNサービスがどのように機能するか、VPNをどんな用途で利用できるかについて詳しく解説します。

現時点で最高のVPNはExpressVPNです。ExpressVPNは、非常に多くの超高速サーバーや、優れたセキュリティを備えたVPNサービス。 以下のリンクをクリックして、ExpressVPNのホームページにアクセスしてください。

VPNサービスとは?

VPNは、仮想プライベートネットワークの略です。要するに、VPN接続は、暗号化で保護されたデータ接続です。この暗号化は、デバイスと接続しているVPNサーバーの間で行われます。外部VPNサーバーに接続すると、デバイスからのすべてのトラフィックは、インターネットに到達する前に外部サーバーを通過します。

複雑に聞こえるかもしれませんが、それほど仕組みは難しくありません。これを理解しやすくするために、写真で説明してみましょう。

外部サーバーを通過するトラフィックは、VPNでのさまざまな用途で利用できる、多くの結果をもたらします。

当初、このような安全な接続は、外部デバイスがローカルネットワークに接続できるように設計されていました。ローカルネットワークとは、通常組織内などの大規模なPCネットワークのことを指します。

ただし個人の場合でも、外部サーバーを介して送信されるトラフィックを利用することにより多くの恩恵が得られます。これは、外部サーバーを介してトラフィックを送信することにより、IPアドレスを隠したり変更したりするのが可能になることと密接に関連しています。VPNの利点については、以下をご覧ください。


VPNに接続する方法は?

VPN接続を確立するにはさまざまな方法がありますが、VPNを取得する最も簡単な方法は、VPNを販売している会社からVPNプログラムをダウンロードすることです。

世界中に多数の異なるサーバーを所有する多くのVPN会社があります。これらのサーバーを使用して、トラフィックを暗号化し、オンラインの安全性を高めたり、ブロックされたコンテンツを表示したりすることができます。必要なのは、VPNのソフトウェアをダウンロードして、そのプログラムで必要なVPNサーバーに接続することだけです。

VPNサービスがどれだけ優れているかどうか判断するには、サーバーのセキュリティ、速度、安定性などの要素を重視するといいでしょう。VPNについて説明する前に、以下に現在VPN市場で最も優れている3つのVPNサービスについて紹介します。日本でのVPNサービス使用感を比較したテストについて知りたい方は、こちらをご覧ください。NordVPNはまた海外用Tverなどのストリーミングサービスのブロックを解除するのにも良く対応します。

ExpressVPN

ExpressVPNのメインメニュー

ExpressVPNは、他の多くのVPNサービスに比べるとわずかに値がはります。ただし、お金を払う価値は十分にあるサービスなので、私たちはテストをした後にExpressVPNをおすすめVPNとして紹介しています。このサービスには世界94か国に3000を超えるサーバーを所有しています。ExpressVPNのサーバーのレベルは非常に高いです。おそらく、私たちがテストをしたVPNサービスの中で最高の速度で、これは接続の安定性にも当てはまります。接続が途切れたり、似たようなことを経験したりすることはありません。

ExpressVPNのセキュリティも非常に優れており、このサービスにはログなしポリシーや、アメリカの防衛と同等の暗号化レベルのAES 256ビット暗号化があります。これに加えて、ExpressVPNは、キルスイッチ、DNSリーク保護、PTPサーバーなどの機能も提供しています。テストをした際に、日本のExpressVPNのサーバーも非常によく機能したため、日本語のユーザーメニューと合わせて、このサービスは日本人ユーザーに適していると言えます。

ExpressVPNのユーザーメニューも使いやすく直感的で、接続されたパソコンのメインメニューの画像を見ることができます。サービスをダウンロードして、サーバーを選択し、接続するだけです。これに加えて、このサービスには、iPhone、Android、パソコン、Mac、Windowsなどのデバイス用の非常に優れたプラットフォームとアプリがあります。ExpressVPNのChrome、Firefox、および同様のブラウザの拡張機能もうまく機能します。

NordVPN

NordVPNのVPNプログラム。NordVPNは、世界中のほとんどの場所にサーバーがあります。

NordVPNはVPNの中でも古い歴史のあるサービスです。これは、会社が提供するサービスにも反映されています。NordVPNは、世界60か国以上に6,000を超えるサーバーがあります。非常にサーバーの数が多いので、NordVPNは明らかに最高クラスのサービスと言えます。NordVPNの日本には70台ものサーバーがあり、これも非常に多いです。NordVPNは、間違いなく最高のVPNサービスの1つです。

NordVPNへの接続も安定かつ安全であることが証明されています。たとえば、多くの無料VPNサービスとは異なり、接続が途切れることはあまりありません。万が一接続が途切れてしまった場合は、キルスイッチが作動します。これは、インターネット接続を切断して、インターネット上に一時的にIDが表示されないようにする機能です。NordVPNは、安全なAES 256ビット暗号化も備えています。

NordVPNのセキュリティは多くの人から賞賛されているため、このサービスはトレントなどにプログラムを使用したい多くの人に使用されています。Tor over VPNおよびVPN over VPN、いわゆるデュアルVPNも提供します。NordVPNはパナマに拠点を置いており、EUとアメリカの管轄から遠く離れています。ユーザーメニューは私たちが見た中で最も実用的です。実際のメニュー画面が見たい方は、上の​​画像をご覧ください。利用価格も月額約350円と、とてもリーズナブルです。

Surf Shark

パソコン版SurfSharkのサービス画面

SurfSharkは比較的新しいVPNサービスであり、急速に成長しています。今では、最高のVPNサービスの1つになりました。SurfSharkは世界50か国以上に500を超えるサーバーがあり、その多くは日本にあります。私たちのテストでは、これらのサーバーは非常に高速で安定していることが証明されており、映画のストリーミングから、広範囲の検閲がある国のジオブロックの回避に至るまで、すべてで動作します。SurfSharksのサーバーのスピードは簡単に海外用GYAOなどの日本のストリーミングサービスを見られるようにします。

SurfSharkには、サービスをプルアップする非常にシンプルで直感的なユーザーメニューがあります。実際のメニュー画面が見たい方は、上の​​画像をご覧ください。操作も、サービスをダウンロードして、必要なサーバーに接続するだけととてもシンプルです。SurfSharkには、iPhone、Android、iPad、Windows、Mac、Linuxなどのデバイス用の独自のソフトウェアがあり、ChromeやFirefoxなど、ブラウザ用の優れた拡張機能もあります。

SurfSharkは、VPN接続で優れた暗号化を提供しているため、セキュリティが最新であることがわかります。さらに、SurfSharkは、ログなしポリシー、キルスイッチなども提供しています。セキュリティの面では、SurfSharkはExpressVPNやNordVPNと同じレベルにあると言えます。SurfSharkの利用料は月額約200円まで引き下げることができるので、コスパが最高と言えます。さらに、万が一満足できなかったときのために、SurfSharkは30日間の返金保証期間も設けています。


VPNは何に使用できる?

VPNとは何かをわかりやすく説明するために、VPNを使用して何ができるかを解説していきます。上記の説明はかなり技術的なものなので、あまり理解していなくても心配する必要はありません。実際にあなたがVPNを使用するにあたってそのような専門的な知識はそれほど必要ではありません。VPNプログラムを使用してできることは、次の通りです。

1)あなたのIPアドレスと、あなたが誰であるかを隠す

VPNサーバーに接続しているときは、インターネット接続を介して送受信するデータを誰も見ることができません。これは、リモートのVPNサーバーを介してトラフィックを送信するときにIPアドレスを変更するためです。ウェブ上の他のユーザーには、サーバーのIPアドレスのみが表示され、自分が本当に使用しているIPアドレスは表示されません。

これには多くの利点があります。とりわけ、ISPは、アクセスしたページや使用しているインターネットサービスを監視しなくなります。さらに、広告会社はCookieなどを使用してユーザーに関するデータを追跡することもできないため、ユーザーに関するプロファイルを作成することはできません。プロファイルは、ターゲットマーケティングなどに使用されるものです。

2)オンラインのセキュリティを強化する

デバイスとVPNサーバー間のすべてのデータは暗号化されているため、ハッカーは送受信したデータを表示したり使用したりすることはできません。通常、Wi-Fiネットワークを使用していると、非常に追跡されやすいので、VPN接続を使用することでこのリスクを回避できます。したがって、VPNを使用すると、オンラインの安全性が大幅に向上します。

このサイトで紹介した優れたVPNサービスは、非常に強力な暗号化を備えています。たとえば、ExpressVPN、NordVPN、およびSurfSharkは、軍事レベルでの暗号化、いわゆるAES 265ビット暗号化を備えています。 この高度な暗号化により、ハッカーが侵入することは事実上不可能になります。

3)ジオブロックを回避する

VPNを使用する多くの人々は、ジオブロックを回避する目的で使っているでしょう。多くのサービスは、特定の国以外からアクセスしようとすると、ユーザーをブロックします。たとえば、AbemaTVを視聴するには、日本にいる必要があります。また、BBCiPlayerを視聴するには、ほとんどの場合イギリスにいる必要があります。これは、サービスが一部の国でしかプログラムを配信する権利がないからです。

このようなジオブロックを回避するために必要なことは、VPNサービスをダウンロードして、コンテンツを表示する国を選択し、接続するだけです。たとえば、タイにいてTverをご覧になりたい場合は、NordVPNをダウンロードして、日本のサーバーに接続するだけで、日本のIPアドレスを取得するので、タイにいながらTVerを無制限にストリーミングすることができます。

4)ブロックされたウェブページを表示する

幸いなことに、日本ではインターネット上で表示されるコンテンツの厳密な検閲は行われておらず、法律の範囲内で私たちが望むほとんどのコンテンツを見ることができます。ただし、これはすべての国に当てはまるわけではありません。多くの国では、ニュースサービス、Facebook、Twitterなどのコンテンツが検閲されています。これは通常、統治権力間の強力なコントロールに関連しており、中国や、ロシア、イラン、北朝鮮、および同様の国がその例です。

そのような国に住んでいる、または旅行している場合、VPNは必要不可欠なものです。なぜなら、VPNサービスを使って国外のサーバーに接続することで、政府によってブロックされるコンテンツに自由にアクセスできるようになるからです。政府当局は通常、VPNサービスもブロックしようとするため、しばしば彼らだけが制御を逃れます。

5)監視を避ける

ネット上で多くの監視が行われていることは、明らかな事実です。あなたを監視する政府当局、Cookieを使用してあなたを追跡するウェブサイト、あなたのインターネットサービスプロバイダ、またはハッカーなどが、あなたのトラフィックを監視するかどうかにかかわらず、ほとんど誰でもあなたがオンラインで何をしているのかを常に知ることができます。

したがって、VPNはプライバシーを保護するための非常に良い方法です。 それは家の中にあるビデオカメラを黒いシートで隠すようなものです。 VPNを使用すると、トラフィックを暗号化して、他のユーザーがオンラインで行っていることを追跡するのを著しく困難にすることができます。

6)お金を節約する

VPNは、ジオブロックを回避したり、オンラインでのセキュリティを強化したりすることだけが利点ではありません。とりわけ、VPNを使用してお金を節約することもできます。その理由は、サービスの価格は、お住まいの国によって異なることが多いためです。たとえば、インドに住んでいる場合、通常は日本に住んでいる場合よりも安いものを手に入れることができます。

多くのお金を節約できる典型的な例は、航空券を購入するときです。多くの場合、航空券は高価であり、まったく同じチケットを購入した場合でも、サービスの購入元に基づいて価格が異なります。したがって、VPNをダウンロードして、インドなどの国を選択してチケットを購入すると、お金を節約できるのです。


VPNサービスはどのように機能する?

VPNを設定するには、サーバーとクライアントが必要です。ほとんどの場合、あなたはVPNのクライアントになります。たとえば、会社のネットワークや大学などに接続したい場合はそうです。もちろん、有料のVPNサービスを使用する場合、サーバーは既に利用可能です。

クライアントとして、サーバーにログインすることにより、適切なユーザーのみがVPN接続を使用できるようになります。ログイン方法は、管理者の要望によって異なりますが、通常はユーザー名とパスワードが必要です。

正しくログインすると、安全なトンネルが作成されます。このトンネルにより、送受信されるすべてのデータが暗号化されます。この方法では、送信者と受信者のみが送信されたものを見ることができます。これは、VPNトンネルとも呼ばれます。

VPNサーバーを自分でインストールするのは比較的簡単です。VPNは、iPhone、Android、Windows、Macなど、さまざまなデバイスでインストールすることができます。

さまざまなVPNプロトコル

VPN接続はほとんどの場合、仮想のポイント・ツー・ポイント接続を介してセットアップされます。これは、仮想セキュアトンネルを使用して行われ、ほとんどのプロトコルでは、遅れて送信されるデータが暗号化されます。このトンネルを設定できる方法はさまざまです。ここからは、最も一般的な方法について解説します。

1)OpenVPN

OpenVPNは、オープンソースのVPNソリューションです。そのため、オープンソースの仮想プライベートネットワークとも呼ばれます。このメソッドはOpenSSLに基づいています。つまり、OpenSSLが提供するすべての暗号化オプションは、OpenVPN接続経由でも使用できます。このAES接続は最も安全と言われています 。

このような接続を確立するには、証明書を使用する必要があります。このようにして、VPNサーバーとクライアントの両方が、データを暗号化したり復号化したりする方法を知っています。これは、VPN接続では「暗号化」および「復号化」と呼ばれます。

OpenVPNは、最も安全なVPN接続として知られています。さらに、ソースコーディングにより、さまざまなプラットフォームで使用することができます。これは、この接続を推奨することを意味します。

2)IPsec / L2TP

IPsec / L2TP通信は実際に2つのプロトコルの組み合わせです。IPsecは暗号化を処理し、L2TPはセットアップが必要なトンネルを処理します。これは、プロトコルが互いに組み合わせて使用されることが多いからです。

IPsecは常にUDPポート500を使用し、ブロックが容易であることを意味します。IPsecは比較的優れたVPNソリューションで、暗号化方式が比較的優れていることを意味します。さらに、多くのデバイスに簡単にインストールすることができます。これが、IPsec / L2TPが頻繁に使用される理由です。

3)PPTP

PPTPは非常に頻繁に使用されるプロトコルですが、このプロトコルは最高のセキュリティを持っていないため、あまり良くありません。PPTPは、「ポイント・ツー・ポイント・トンネリング・プロトコル」の略語です。PPTPも、トンネルを作成するための選択肢のひとつですが、この接続の暗号化は不十分であり、第三者から突破されやすいです。また、トンネル自体の品質も低いことがよくあります。

4)SoftEther

SoftEtherは比較的新しいVPNプロトコルです。OpenVPNと同様、ソースコードはオープンであるため、自由に使用して独自のニーズに適応させられます。SoftEtherの利点は、多くの場合、OpenVPNより接続が高速で安定していることです。SoftEtherは比較的新しいプロトコルであり、それがどれほど良いかを確実に結論付ける前に、さらにテストをする必要があります。ただし、現時点では、比較的有望と言えます。


VPNのさまざまな用途

VPNプログラムは、多くの異なる目的で使用されます。ここからは、VPNプログラムの用途について説明します。

1)企業およびその他の機関での使用

多くの企業の従業員が、オフィスにいなくても、会社の内部ネットワークにアクセスしたいと考えています。VPNを使用すると、従業員がいつでも企業ネットワークに保存されている重要なファイルを利用することができます。また、VPN接続はとても安全なので、ハッカーが企業ネットワークに侵入することはありません。

さらに、情報を効果的に交換するためにVPN接続はしばしば大学と他の教育機関の間に確立されます。これにより、学生と教授が効率的かつ安全に情報を交換することができます。

2)パブリックネットワークのセキュリティ保護のための使用

パブリックのWifiネットワークに接続している場合、比較的簡単にハッキングされます。VPN接続を使用すると、このリスクはほぼ完全になくなります。これは、送受信するすべての情報が暗号化されるためです。これは、パブリックネットワークで機密データを送信しているときに非常に役に立ちます。

これに加えて、VPNは一般的な監視を避けるのに非常に効果的です。私たちのオンライントラフィックが常に匿名性を失いつつあることはよく知られており、ブラウザや、政府、ウェブサイトの所有者などが、いつでもあなたに関する情報を保存し、そのデータを使用してあなたに広告を提示したり、最悪の場合はあなたを恐喝したりすることもあります。

3)ジオブロックを回避するための使用

VPN接続を使用すると、あなたが接続しているVPNサーバーから直接アクセスしていると捉えられます。つまり、アメリカのサーバーに接続している場合、日本にいながら、あなたがアメリカにいると思わせることができます。

パソコンや、スマートフォン、またはタブレットをアメリカのサーバーに接続すると、誰もがあなたはアメリカにいると思うでしょう。さらに、海外から日本のサーバーに接続すると、海外にいてもAbemaTVなどの日本の番組を見ることもできます。

多くの日本人は、この方法を使用して、日本のNetflixや日本のAmazon Primeなどのストリーミングサービスのコンテンツを海外から視聴しています。


VPNを使用してインターネット上で匿名性を保つ

VPNを使用する多くの人は、インターネット上での匿名性を保ちたいと考えています。多くの広告会社がインターネットトラフィックなどを使用してユーザーのプロフィールを作成するという事実があるので、それを避けるためにVPNサービスを使用するのは賢明な判断と言えます。VPNを使用するとIPアドレスが非表示になるため、あなたのオンライン活動を追跡するのは不可能になります。

さらに、政府当局や第三者があなたに関するデータにアクセスできないようにする目的でVPNを使用するのも妥当な判断です。VPNサービスは、これに対する優れたソリューションを提供します。VPNを使用すると単純に監視されたり、追跡されたりしなくなります。

VPNプロバイダーとは?

独自のVPN接続を確立することは可能ですが、これはほとんどの人にとって効果的なソリューションではありません。これには経験が必要で、時間がかかるからです。IT初心者であれば、これを試す意味がありません。

すでにあなたのために仕事をしてくれる多くのVPN会社があるので、独自のVPN接続を確立する必要はありません。近年VPNサービスの必要性が高まっていて、多数のVPN会社が設立されています。それらの多くは、上で紹介したような主要な国際的な会社です。

多数のVPN会社が設立された理由は、明らかに誰かがお金を稼ぎたいからです。したがって、評価の高いVPNサービスはほとんど有料です。しかし、幸いなことに利用料はそれほど高くなく、月に約700円程度です。また、より長い期間で契約をすると、大幅に安くなります。

有料VPNプログラムを利用するメリットはたくさんあります。まず、匿名性や個人情報保護の状態を保つことができます。次に、BBCやアメリカのNetflixなど、日本では視聴ができないコンテンツを簡単に視聴することができます。さらに、海外に旅行する際にVPNを使用することもできます。

無料VPNか有料VPNのどちらを選択すべき?

VPNプログラムを選択する必要がある場合、有料のVPNプログラムか、無料のVPNプログラムの2つの選択肢があります。

もちろん、できる限り節約をしたい人がほとんどだと思うので、無料のVPNプログラムを選びたいと考えると思います。ただし、これは多くの場合あまり良い考えではありません。その理由は、ほとんどの無料のVPNサービスが使用するに値しないからです。残念ながら、これは何度もテストされて証明されています。

無料のVPNサービスが使用するに値しない理由は、サービスを改善するためのリソースがないためです。有料のVPN会社は、顧客が支払う利用料を投資して、さらに優れたサービスを作成しています。

私たちが試したほとんどの無料のVPNサービスは、効果的に使用するには接続が遅すぎて不安定でした。さらに、無料のVPNサービスが顧客情報を第三者に販売し、マーケティング目的でこの情報が使用されるという多くの噂があるのも事実です。

最も安全なのは、有料のVPNサービスを使用することです。また、有料のVPNサービスでもそれほど高価ではなく、ほとんどの有料VPNサービスは30日間の返金保証期間を設けています。

VPNの使用は合法?

多くの人が、VPNの使用が合法なのか疑問に思うでしょう。使用することが違法である場合、リスクが高いためVPNの使用は避けたいと考えるはずです。しかし、幸いなことにVPNの使用は合法です。したがって、法を犯すことなく、VPNを完全に自由に使用することができます。

ただし、違法行為をする目的でVPNを使う場合は、当然VPNの使用は違法とみなされます。通常、多くの人が違法行為のためにVPNを使用して、その後法に反することになりますが、VPNの使用自体が違法なわけではありません。たとえば、違法なファイルをダウンロードするために匿名を維持したり、ダークウェブで禁止されていることを実行したりするためにVPNを使用するのは、完全に違法です。

また、VPNの使用はすべての国で合法ではありません。中国、ロシア、北朝鮮などの国では、VPNの使用自体が違法ですが、これらの国でも実際に多くの人がVPNを使用しています。

まとめ:VPNには多くの利点がある

最後にまとめると、VPNを取得すること自体は比較的簡単です。VPNサービスを見つけてダウンロードし、選択したサーバーに接続するだけです。したがって、VPN接続を自分で作成する必要はありませんし、リーズナブルな価格で使用できる優れたVPNサービスが多数あります。

VPNを使用することの利点は多数あり、ハッカーなどから守るためにトラフィックを暗号化したり、インターネットサービスプロバイダや政府、または一般的な追跡に対して匿名のままにするためにIPアドレスを非表示にしたり、IPアドレスを変更してジオブロックを回避したりすることができます。VPNについて質問がある場合は、遠慮なくお問い合わせください。