VPNNippon

広告:

当ウェブサイトをお客様に無料で提供するため、リンクを載せる際にプロバイダーから手数料を受け取ります。

存在する全てのVPNプロバイダーをカバーすることはできません。当ウェブサイトをお気に入りいただいた場合、VPNに興味のあるお友達やご家族に当ウェブサイトをシェアしていただけると幸いです。

評価の際に強調する項目:

  • 値段
  • スピードと質
  • ユーザーの経験
  • サーバーの数と代表する国の数
  • ユーザーが満足しない場合に返金保証があるかどうか
  • カスタマーサービスと営業時間
  • 当ウェブサイトはリンクをする際にVPNプロバイダーから手数料を受け取ります。そのため、当ウェブサイトの利用は無料です。

    ブログ

    日本におけるサイバーセキュリティとデータ保護について知っておくべきこと

    インターネットは、日本だけでなく世界中の生活をより快適なものにしました。日本は世界的な技術革新とその普及の最先端にいます。しかし一方で、インターネットは私たちを新しい大きな脅威にさらしていることも事実です。

    日本へ旅行する際のオンラインセキュリティについて知っておくべき7つのこと

    グローバリゼーションは私たちの生活を大きく変えました。そして、かつてないほど多くの人々が移動し、様々な理由から日本をはじめとする国々へ渡航しています。

    NordVPNは日本のNetflixに対応しているのか?

    Netflixは、包括的なカバー範囲と、ユーザーが利用できる番組や映画の数の多さから、最も人気のあるストリーミングサービスのひとつです。このサービスは、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなどさまざまな地域や国のコンテンツを持っており、複数の映画やテレビ番組を探している多くの人々にとって最初の選択肢です。

    日本におけるExpressVPNとNordVPNの比較

    日本はインターネット文化が盛んな国。日本には、その土地でしか見ることのできないテレビ番組が数多くあります。しかし、インターネットユーザーからは、日本のインターネットを利用する際の検閲に対する不満の声があがっています

    日本のサイバーセキュリティに関する統計

    サイバーセキュリティは、世界のある特定の地域だけの問題ではありません。インターネットに接続されているすべての人が、ハッカー、マルウェア、フィッシング、ゼロデイ攻撃、ランサムウェアなど、様々な形のセキュリティの危険にさらされています。

    ハッカーから身を守る方法

    ハッキングは、最もメジャーで破壊的なサイバー犯罪のひとつです。セキュリティを侵害し、ネットワークやパソコン、スマートフォンなどのデバイスにいとも簡単に侵入します。個人、組織化されたグループに関わらず、ハッカーさまざまなツールを使ってデバイスに侵入して違法行為を実行しようと試みるので、ハッカーから身を守る必要性が高まっています。

    L2TP(レイヤー2トンネリングプロトコル)とは?

    レイヤー2トンネリングプロトコルは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)がインターネット上で仮想プライベートネットワーク(VPN)を実行するために使用するPPTP(ポイント・ツー・ポイント・トンネリング・ プロトコル)の拡張機能です。L2TPは、マイクロソフト社のPPTPとシスコシステムズ社のL2F( レイヤー2転送プロトコル)という2つのトンネリングプロトコルの長所を取り入れたものです。L2TPの主な構成要素は、通話を物理的に終端する装置であるLAC(L2TP アクセスコンセントレータ)と、PPPストリームを除去して認証を行う可能性のある装置であるLNS(L2TP ネットワークサーバー)の2つです。

    日本国内で使えるiPhone 向けベストVPN

    iPhoneは、長年にわたり、優れたセキュリティ機能を備えているという評価を受けてきました。しかし、それにもかかわらず、iPhoneユーザーは、セキュリティを強化するためにVPNを利用することがあります。iPhoneユーザーは、VPNを利用することで、セキュリティだけでなく、さまざまなメリットを享受することができます。

    日本国内で使えるAndroid向けベストVPN

    Android用のVPNはいくつかありますが、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。最近の調査によると、スマートフォンの86.1%がAndroid OSを搭載しています。これは、Androidスマホのユーザーが多いことを意味しており、これらのデバイスを安全に保つ必要性があることから、より多くのVPNが頻繁に開発されています。数多くのVPNサービスが存在するため、VPNの選び方がわからない場合には、誤った選択をしてしまう可能性が非常に高くなります。